私が愛知学院大学を選んだわけ

石井 絵美夏(いしい えみか)さん 心身科学部健康科学科 3年生

愛知学院大学へ進学した理由を教えてください。

「養護教諭になりたい」と思い、進学先を探していました。その過程で愛知学院大学心身科学部健康科学科のことを知りました。この学科では養護教諭1種免許が取得可能です。また言語聴覚士国家試験受験資格も取得できます。心身科学部はその名の通り、人間の心と身体の両面から探求することができる学部で、養護教諭になるにはその両面の学びが必要と感じ、愛知学院大学を選びました。

いつ頃から養護教諭になりたいと考えていたのですか?

高校3年生です。それまでは体育の教師やスポーツトレーナーなど考えていたのですが、 私自身、すべての運動が得意ということではなかったですし、時には叱らなくてはいけない立場も想像できませんでした。そのような時に担任の教師から「養護教諭はどうか?」と勧められたことがきっかけとなりました。

その時に養護教諭になりたいと思ったのですね。

はい。養護教諭は子どもたちの心身に関わり、寄り添うことができる仕事です。また、私は友人や教師と触れ合うことができる学校という環境が好きでしたので、その環境で働きたいと思っていました。幼い頃よりスポーツを続け、心と身体のバランスの大切さを実感してきたこともあって養護教諭はまさにその経験を活かせる仕事だと感じました。

続けてきたスポーツは?

バスケットボールです。小学校からずっと部活動を行ってきました。その際に仲間のケガなどがあり、何か役に立ちたいと思ったのもこの学科を選んだ理由の1つです。人々の健康づくりに貢献するのがこの学科の特長でもあるわけですから。また高校での部活は与えられた目標が高く、練習につぐ練習でみんな疲労骨折になりかけるほどで、肉体的にも精神的にも辛く苦しいものでした。その時は仲間の励ましで何とか切り抜けられたのですが、心と身体がつながっていると感じた瞬間でもありました。そんな経験を活かす意味でも心身科学部を選んで良かったと思います。


身体と心の両面から健康について学ぶ心身科学部健康科学科

イメージ

改めて心身科学部とはどういう学部か教えてください。

心身科学部は心理学科、健康科学科、健康栄養学科の3つの学科から成り立っていて、 心身の健康を保持・増進する上で重要な「栄養」「運動」「休養」3つの要素を全てカバーする全国でも唯一、愛知学院大学にのみ存在する学部です。この学部では「心」と「身体」の相関から、「人間」という複雑な対象を探求していきます。3つの学科に共通するのは、科学的な研究成果に基づいて研究対象にアプローチする点。充実した実習、実技科目をベースにそれぞれの専門性を活かし、現代社会に貢献できる人材を育成してく学部です。

心身科学部のような学部は全国的にもめずらしいのですね?

はい。私も出身は群馬県なのですが、あえてこの愛知県に来たのはこの学部が愛知学院大学にしかなかったからです。

なるほど。石井さんが在籍する健康科学科のことも教えてください。

健康科学科は予防・治療の両面から人々の健康をサポートする学科です。医学的な見地から健康にアプローチし、健康日本21をふまえたカリキュラムで学んでいきます。また、資格取得プログラムも充実しています。「スポーツ科学コース」「健康開発科学コース」「言語聴覚科学コース」と各分野のスペシャリストをめざす3コースがあります。

コースに分かれるのは何年生からですか?

2年生からです。 私は養護教諭を目指せる健康開発科学コースを選択しています。

健康開発科学コースとはどんなコースか教えてください。

基礎的な医学、環境など、健康を考える上での基本的なテーマに取り組み、養護教諭をはじめ、健康問題や環境問題への提言できる人材を育成するコースです。基礎医学、臨床医学、環境健康医学の最先端の研究情報を取り入れ、健康開発プログラム作成のための実践的カリキュラムも用意されています。

このコースで学ぶ過程において心の変化はありましたか?

心理学に興味を持つようになりました。2年次の認知心理学や人格心理学のカリキュラムを通じて認定心理士の資格取得を考えるようになりました。

なるほど。このコースに来て興味が広がってきた。

はい。心身科学部には心理学科があることもあり教授陣も専門性が高く、充実した学びを得ることができます。心理学はカウンセリングなどにもつながっていき養護教諭にも欠かせないものです。そういった側面で心理学を学ぶことができるのもこの学科の特長のひとつです。大学に入ってから興味を持つことも多くあると思います。その点、愛知学院大学は総合大学で各学部間の連携もあり、学びの環境が整っていますね。

他に大学へ来て興味を持ったことはありますか?

ボランティア活動です。心理学を学んでいくうちにボランティアをしようという心が芽生えました。


ボランティア活動で学びを実践。

イメージ

(ボランティアの)活動について教えてください。

まずは大学1年生の夏休みに小学生のサマーキャンプに引率の指導員として参加しました。1年生から5年生を一人ずつ、5名の生徒を受け持ってのキャンプで長野県(稲谷)に行ったのですが、その際に食事の準備や後片付けの指示をしたり、目覚まし係、子どもの着替えを手伝ったりと、身の回りの世話をしました。一人で様々な年代の子どもたちと活動するのはとても大変でしたが、貴重な経験となり、さらに子どもと触れ合える機会を多く持ちたいという気持ちになりました。

それ以降はどんな経験を?

大学1年生の12月から名古屋市の小学校を月に1回、訪問していました。小学1年生から4年生を中心に一緒に遊んだり、ドッヂボールやカンフー体操、講師を招いての手品などの手伝いをしました。

楽しそうですね。

はい。楽しかったです。ただこれらのボランティアを通じて、1つ課題が見つかりました。養護教諭は心身ともに健康な子どもばかりではなく、心に悩みや不安を持った子どもと接することもあるということです。

なるほど。

そこで、私は違うボランティア活動にも参加することを考えました。児童相談所です。児童相談所には、身体は健康でも家庭環境などの影響で不登校などの問題を抱えた子どもがいます。その子どもたちと向き合うことで今までにない経験ができると感じたのです。

その児童相談所ではどんなボランティア活動を?

活動期間は大学2年生の8月から3月までの8ヶ月間。私は小学校6年生の不登校が続いてしまっている子どもに、月に2回、勉強を教えました。その子は性格も明るく友達もたくさんいたのですが、複雑な家庭環境から様々なことに対し無気力になってしまい、不登校となっていたのです。


イメージ

家庭の影響からくる無気力・・・・

それって難しい問題ですよね。私にその家庭環境を変えることはできませんから。ただ、私と接することで何かきっかけになれば良いと思うのです。その子は春から中学生になったのですが引き続き関わりを持たせてもらっています。現在は週に2回の施設訪問、家庭教師として勉強を教えています。

引き続きということは人間関係が築けているということですね。

そうであれば良いですが・・・。出会った当初は話しかけても適当にあしらわれていましたが、今では「先生が来た」と喜んでくれているので多少は信頼してくれていると思いたいです。

その他はどんな活動を?

2年生の夏休みには10日間のインターンシップとして、名古屋市外にある別の児童養護施設に行きました。 そこは被虐待児が多く、 こちらが相手の名前を聞いても無視されてしまうほどで、 それまでの接し方では心を開いてくれないことに気づきました。 また、一人ひとり施設に入ることになった背景や抱えている悩みが違うことも認識でき、 それぞれ心の距離の保ち方なども考えなくてはならないことを学びましたね。

心の距離の保ち方は難しい。

そういった意味では大学の授業で学んでいることがボランティアの現場で活かされています。例えばカウンセリングの授業で相手の話を繰り返すことが大事だと学びました。そのことで相手の共感や安心感を得ることができると思います。また、それぞれの人格を認めコミュニケーションを深めていく大切さも授業で学びました。そのこともこのボランティアで実践できているように思います。それらの学び、実践を通じて心の距離が保てるのではないかと感じるようになりました。

なるほど。

またこれらの活動を通じて、子どもから教えられることも多いのです。私を受け入れてもらうには最初に相手を受け入れないといけないと思いますし。そんな当たり前のことも子どもたちと接することで理解できているように感じています。


すべての経験が貴重。これからの実習も楽しみ。

イメージ

今後はどのような活動をしていきたいと考えていますか?

現在、児童相談所から週1回、中学生と面談してほしいという話があります。わたしが役に立てるのかと少し考えましたが、来週会うことにしました。やはり初めて会うときはとても緊張します。正直、傷つくこともあります。けれど、時間がかかっても関わっていくうちに相手も心を開いてくれるはずです。一つひとつの出会いと経験を大切に、自分自身を成長させたいです。

一歩一歩、着実に経験を積んでいる感じがします。

そうですね。そういう意味では、この夏には2週間の看護実習があります。病院に行き、小児科・眼科・外科などに振り分けられたローテーションごとに、看護の現場を実際に体験します。また、4年生の春には養護教諭の教育実習として小学校の保健室に、3年生か4年生の秋には保健の授業の実習として中学校に、それぞれ3~4週間行きます。学校によっては実際に教壇に立つこともあるため、養護教諭としての経験を積めることを期待しています。これまで授業で学んできたことはボランティアで実践していますが、これらの実習を通じてさらにステップアップできるのではと感じています。

毎日が充実していますね。

他にも週に3回小児科と婦人科があるクリニックの受付のアルバイトをしているのですが、その経験も貴重です。そのクリニックでの全ての経験が勉強になりますね。例えば、表面化している症状から想定される病気とは別の病気にかかっている場合、その際はそれぞれに応じた検査をして明らかにしていく重要性や、水疱瘡(みずぼうそう)やインフルエンザなど発症している子への処置法など(医療行為は行っていないものの)知識を身に付けることができます。また、看護師からは聞きなれない病気についても学ぶことができ、医療も理解してきています。養護教諭は医療の分野も理解している必要があるため、貴重な経験であると感じています。


イメージ

授業にボランティア。そしてクリニックでのアルバイト・・ 多忙な日々ですね。

週2回のボランティア、週3回のアルバイトに加え、週2回バスケットボールサークルにも参加しています。サークルなので競技としてではなく仲間内だけ趣味としての活動なのでほっと一息つける場です。また、サークル活動を通じて他学部の人や異なる年齢の人と関わり合えて楽しいです。

友達も多くできた?

はい。入学前は一人暮らしに不安がありましたが、本当に良い仲間に巡り会えました。思えば周りの人には子どもの頃から恵まれています。高校時代のバスケットの先生も情熱を持った人でした。大敗をした時もみんなに自分が悪いと謝ったり、不器用な私に「人一倍努力するよう」指導をしてくれました。もちろんそれを支える仲間もいて。私も養護教諭になって様々な子どもと接し、役に立つことができたらなあと強く感じています。そのために経験を積み、努力していきたいです。

最後に高校生のみなさんへ一言、お願いします。

大学は高校とは違い、学びの環境は学内に留まらず、ボランティアやアルバイトなど学外での活動でも経験を積むことができます。大学はやりたいと考えたことが実践できる場です。まずは何にでも積極的に取り組んでいってほしいです。また、愛知学院大学は総合大学なので、さまざまな学部・学科の人たちと関わることができます。自分にはない考え方や価値観を持つ多くの人と触れ合うこともでき、多くの人と接することで新しい世界や活動の場も広がることでしょう。


取材を終えて

小学生からバスケットボールを続けてきた石井さん。そこで心身ともに厳しい環境であったことが今の石井さんにつながっていると感じました。「心と身体は一つである」その実感が心身科学部の選択につながり、さらには養護教諭をめざすきっかけとなっています。そんな石井さんにとって愛知学院大学心身科学部健康科学科は、まさに探し求めていた所であり、理想とする心と身体の両面から考えることができる養護教諭への架け橋であるように感じました。大学での学びとボランティアでの実践。さらには今後の看護実習など多様なアプローチから1つのことを考える環境。毎日の充実ぶりが石井さんの笑顔から感じ取れました。
非常に有意義な話をありがとうございました。

2010年5月号一覧2010年7月号