新入生特待生制度

特待生制度で学納金負担を軽減!

愛知学院大学には新入学生を対象とした初年度免除額120万円以上[注1]の2つの特待生制度があります。
入学試験の結果や資格・検定試験の得点によって奨学金の給付が受けられ、学納金が大幅に免除されます。
さらに2年次以降も条件を満たせば、継続して年間30万円(短期大学部は20万円)の奨学金を受けることが可能です。

[注1] 歯学部は歯学教育充実費(110万円)が免除されます。

グローバル特待生制度 2017年度入試より、「グローバル特待生制度」を導入。グローバル社会で活躍できる人材を積極的に育成するために、所定の資格を満たす者をグローバル特待生として選考します。

新入生特待生制度 対象者264名の奨学金制度です。入試での成績優秀者のさらなる活躍をサポートするために、所定の基準を満たす者を新入生特待生として選考します。

学納金の初年度免除額について

入学金、施設資金、教育充実費、授業料が全額免除となります。(※ 歯学部は歯学教育充実費の全額が免除となります )
学部
免除額
初年度納入金
文学部 123 万円 59,000円
心身科学部(心理学科) 130 万円 59,000円
心身科学部(健康科学科) 132 万円 59,000円
心身科学部(健康栄養学科) 140 万円 59,000円
商学部・経営学部・経済学部・法学部 120 万円 69,000円
総合政策学部 125 万円 69,000円
薬学部 230 万円 59,000円
歯学部 110 万円 4,241,000円
短期大学部 135 万円 49,000円

2年次以降の優遇について

2年次以降も特待生制度があります。

[ グローバル特待生の場合 ]
各学年で次の2つの条件を満たした場合、特待生として年間30万円の奨学金を支給します。
①前年度の履修単位数が32以上かつGPA3.0以上の学業成績を修めること
②上記資格の資格・検定で前年度の成績を上回ること

[ 新入生特待生の場合 ]
各学年各学科での成績が上位10%の場合、特待生として年間30万円(短期大学部は20万円)の奨学金を給付します。
条件を満たせなくても、翌年、再度条件を満たせば特待生に戻ることができます。

学部
2年次以降
年間給付額
文学部 300,000円
心身科学部
(心理学科)
300,000円
心身科学部
(健康科学科)
300,000円
心身科学部
(健康栄養学科)
300,000円
商学部 経営学部
経済学部 法学部
300,000円
総合政策学部 300,000円
薬学部 300,000円
歯学部 300,000円
短期大学部 200,000円
学部
学費総額
通常
 
全ての学年で特待生を
継続した場合の学費総額
(新入生特待生の免除額含む)
文学部 4,433,000円 2,303,000円
心身科学部
(心理学科)
4,563,000円 2,363,000円
心身科学部
(健康科学科)
4,643,000円 2,423,000円
心身科学部
(健康栄養学科)
4,963,000円 2,663,000円
商学部 経営学部
経済学部 法学部
4,323,000円 2,223,000円
総合政策学部 4,523,000円 2,373,000円
薬学部 13,649,000円 9,849,000円
歯学部 28,741,000円 26,141,000円
短期大学部 3,695,000円 1,945,000円