資料請求

教員をめざす

教職支援センターが中心となって、学生の志を支えていく。
ピンチ操作で拡大できます

教職支援センターでは、教員以外にも教育関連の資格取得を支援しています。

ピンチ操作で拡大できます
※1 宗教文化学科の「社会・地理歴史・公民」は、他学科の科目履修により取得可能。 ※2 経済学科の「地理歴史」は、他学科(日進キャンパス)の科目履修により取得可能。 ※3 法律学科の「地理歴史」は、他学科の科目履修により取得可能。 ※4 「特別支援学校」免許状は単独で取得することはできませんので、「社会」または「公民」免許状を併せて履修してください。 ※5 健康科学科の「特別支援学校教諭」は、心理学科の科目履修により取得可能(保健体育教員志望者のみ)。 ※6「養護教諭免許状」のみ取得するものは学校図書館司書教諭資格を得ることはできません。 ※7「栄養教諭」免許状は「管理栄養士」の必修87単位を修得しなければ、免許状を得ることはできません。 ※8 教職課程と同時に履修することはできません。また、定められた履修条件を満たすことが必要です。

個別指導・相談

学校教育に長年携わった元教員や教職支援の教職員が個別指導・相談を行います。自治体ごとの教員採用試験の傾向・対策、教育実習の準備など、学生それぞれのニーズに合わせてサポートを行います。

地域でのボランティア活動

地域や学校現場で児童・生徒と積極的に触れ合う経験が、貴重な学びになります。教職に関するボランティア活動により豊かなコミュニケーション能力や柔軟な思考力、行動力、指導力を養います。

教職実習室

小・中・高の学校教室を再現した「教職実習室」を設置。模擬授業の練習、面接やグループディスカッションの対策、教職に関する研究活動などに活用でき、学生たちの主体的な学修を支援します。

教職実践演習

4年次秋に開講する「教職実践演習」で教職課程の総仕上げ。学校現場の課題や最新トピックスをテーマに、グループ研究とポスターセッションに取り組んで仲間と協働する力を鍛えます。

エクステンションセンター主催
教員採用試験対策講座

  • ■一般教養・論作文対策コース
  • ■教職教養コース
  • ■採用試験人物対策講座

Voice 先輩の声

愛知県教員(国語)
文学部 日本文化学科
柳谷 知海 2017年3月卒業
(静岡市立高校出身)

「国語の先生になる!」という高校時代からの夢をかなえるため、日本文化学科では文学や民俗、宗教文化などの専門知識を修得。教員採用試験に向けての準備・対策は、学内の対策講座、教職研究会、教職支援センターで行いました。2年次からは学校現場でのボランティア活動にも参加。4年間で培った専門性や指導力、行動力を活かし、生徒の可能性を広げられる教員をめざします。

メニュー表示
ページトップへ