キャンパスブログ

2017年08月22日(火)

カナダコース 学生さんより☆ [海外語学研修]

こんにちは、わんこです。
慎太郎先生、授業参観の様子、びっしりと報告ありがとうございました。授業の様子、これで分かりますね♪

さて、今回はKoheiくんとShogoくんから2人の授業やカナダでの生活について感じたことを報告してもらいます。

まずは、Koheiくんからです。

☆授業について☆
まずクラスが、全国から集まってきた人達でできてとても新鮮で楽しいです!!!
先生が外国人で、授業内容をわかりやすく話してくれて、わかる時はわかります、、、でも時々本当に何言ってるのかわかりません。笑顔で理解してる顔をよくします。でも、本当にわかるまでしっかり説明してくれるので助かってます!!
また、色々な遊びを混ぜながら英語を学べるのでとても楽しいです!午後のアクティビティーも、クラスメイトとワイワイ楽しく過ごせるのでhappyです!!

☆カナダの生活☆
カナダでの生活はとても良いです。ホストファミリーは、すげー優しくて料理も美味しいので助かってます。天候も、晴れが多く湿度も低く過ごしやすい気温で快適です。街中でも、リスや鹿などが見れてとても自然豊かです。
カナダ人は、日本人と比べると、とても明るく接しやすいです。またバスの中では、高齢者の方に席を譲るなど多く見られ、とても優しい方が多いです。僕もいつかカナダの男性のようなジェントルマンになりたいですね。
カナダでは、日本と違い毎日洗濯ができず、週に1回しかできないのでなかなか苦しんでます。考えながら服を着ないと、大変なことになります。
でも、みんなと日々笑いまくってるので楽しいです!!!

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

クラスメイトと一緒に

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

ホームステイピクニックのゲームでまさかの1位に!!UVICのブランケットもらっちゃいました〜!!

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

仲良しなShogoくんと


koheiくん、カナダでの生活、楽しんでますね(^O^)
いつも明るいムードメーカーはどこに行っても誰とでも仲良し♪♪♪

さて、続いてKoheiくんの仲良しのShogoくんです。
Shogoくんにも同じようにクラスのこと、カナダでのこと、報告してもらいますね。

お願いします

★授業について★
みんなと仲良くなれてとても楽しい( ̄∇ ̄)
SariはマイペースでYukiは日本語ペラペラでYuikaはジェスチャーが上手!
ジェニファーもヘザーも優しく面白い

★カナダでの生活について★
涼しくて過ごしやすい!
みんな優しくて笑顔が絶えない国!
レディーファーストで僕も頑張ろうと思いました。
日に日にジェントルマンに近づいてきています。


画像(135x180)・拡大画像(240x320)

休み時間に、はい、チーズ!!Sari,Yuika,Yuki

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

美しい町並み

画像(180x100)・拡大画像(639x358)

shogoくん、あやとりにはまってます。意外(^^)


Shogoくん、ありがとうございました。
ちょっと愉快な文章ですが、Shogoくんらしいです。
ジェニファーとヘザーは先生ですね。
いつも明るいShogoくん、女子とも仲良しです。

こんな感じでみんなから続々と届き次第、随時更新していきます。

後半戦、みんなもっともっとカナダ生活満喫できるといいですね。

Posted by matsui at 06時56分   パーマリンク

2017年08月21日(月)

イギリスコース【食事】 [海外語学研修]

こんにちは。ネバです。

朝食が毎日毎日同じメニューしかないため、3週目に入りさすがに飽きてきました……(;つД`)
たまには、違うものも食べたいものです。

さて、今回はイギリスの食事についてKohei君に教えてもらいたいと思います!
では、Kohei君よろしくお願いします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

こんにちは。Koheiです。
今回はイギリス・カンタベリーの食事について、「ホームステイ先での食事」と「学食」の2つを紹介したいと思います。

はじめに、僕のホームステイ先の家庭は「ペスクタリアン」と呼ばれる、肉は食べない代わりに魚と野菜を好んで食べる方々でした。そのため、毎日たっぷりの野菜がメインとなる食生活を送っています!(°▽°)

そんなホームステイ先の家での食事は、主に夕食を一緒に楽しみます。ホストマザーの料理は見た目も味付けも最高です!こんな健康的な食事を僕も見習いたいと思いました(*゚▽゚*)
また、朝食はササッとすませるのが英国式だそうで、多くの家庭でも、紅茶とコーンフレークと言った組み合わせが多いのではないかと思います( ̄^ ̄)ゞ

画像(180x134)・拡大画像(639x479)

朝食のコンフレーク

画像(180x134)・拡大画像(639x479)

野菜とサーモンとチーズ入りのトマトソースパスタ

画像(180x134)・拡大画像(639x479)

とても美味しい自家製野菜のラタトゥイユ


そして、昼は大学内の学食や近くの飲食店を利用します。学食は数種類のメニューから選ぶ式で、1食あたり£4〜5くらいで食べることができます!毎日メニューが入れ替わるので、たまに変わった料理が食べられるかもしれません…( ̄▽ ̄)

画像(180x134)・拡大画像(639x479)

中華風の肉野菜炒め丼

画像(180x134)・拡大画像(639x479)

チキン&ポテト&ベジタブル


イギリス料理は美味しくないと言われてますが、2週間過ごしてみて僕はそうは思いませんでした。美味しいものは美味しいです。たまに素材のままの味付けの料理があるので、自分好みに味を調整して食べる、というのがイギリス流なのではないかと思いました(*゚▽゚)ノ

最後の1週間も楽しみたいと思います!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

美味しそうな夕食ですね〜。
私は、イギリスに来てからほとんど野菜を食べてないので羨ましい限りです……

次回は、外食を中心にした食事をお届けします*'ー')ノ~~。

Posted by nebashi at 20時00分   パーマリンク

カナダコース 授業参観の様子 [海外語学研修]

こんにちは、わんこです。

カナダコースも3週目に入り、折り返し地点を越えました。
まだ2週間、なのか、もう2週間、なのか…みんなどっちかな?

今週は、語学研修で体験しているいろいろなことを、学生さん自身に伝えてもらおうと思っていますが、その前に引率2人は先週授業参観をする機会をいただけましたのでその様子を私も学生もお世話になっている慎太郎先生から報告してもらいます。

それでは、初めて登場の慎太郎先生です!!
先生よろしくお願いします!(^^)!

はい、よろしくお願いします。
先日、学生さんたちが受けている授業を見せていただきました。

私たち引率者は、午後のアクティビティは、参加することができますが、午前中の授業は、原則として見ることができません。

当初の予定では、授業参観は1クラスだけでしたが、できるだけ愛知学院の学生さんがいるクラスを見せてほしいと、DirectorのJackieにお願いし、3クラス見せていただきました。急なお願いにも関わらず、Jackieには快く迅速に対応していただきました。
1クラス20分程度の参観でした。

1クラス目は、Marius先生のクラス。
ちょうど、カナダの環境、文化や歴史について学んでいるところでした。このクラスでは、単に「英語」の習得とどまるのではなく、カナダについての基本的な知識を学びながら英語の力を伸ばせるように工夫されていました。
また、Marius先生は、一通り説明が終わったところで、即座に復習に入り、学生さんに質問を投げかけ、答えさせていました。このようにすれば、直前に学んだことなので、学生さんたちも自信をもって英語で答えることができます。発言に躊躇しがちな日本人の学生さんたちも、積極的に発言しやすい環境を作る工夫がなされていました。
さらに、授業後には、一人一人にわからないところがなかったかを丁寧に確認していました。

このクラスに限らず、クラスは大体15名前後ですので、一人ひとりの状況を把握した丁寧な授業が可能なクラスサイズになっています。

次に見せていただいたのは、Carolyn先生のクラス。
今日のテーマは「デート」!
最近の(あるいは想像での)デートで何を話したか、どこへ行ったか、などを表現してください、との指示があり、学生さんたちでペアワーク。
日本人には、少しドキリとするテーマですが、「最近のデート」であれば、基本的なことは記憶に残っているので、日本語であれば簡単に説明できることをどうやって英語で表現するかに集中できます。こういう日常の出来事を英語で表現するのはなかなか難しいので、そういった表現を学ぶことができるよいテーマだと思いました。
また、日本の英語の授業で、こういうテーマは、なかなかないのではないかな、と思います。こういうテーマであれば、学生さんたちも興味を持って能動的に英語を学ぶことができます。

最後は、Heather先生のクラス。
クラスに一歩足を踏み入れ、クラスの雰囲気のよさに感銘を受けました。日本人特有の受け身の受講態度ではなく、積極的に先生の問いかけにクラス全体が反応し、まるで、カナダの学生さんのいるクラスのようでした。学生さんたちは、会話で有用な文修飾副詞を学んでおり、しっかり実践的な英語を学んでいました。

どのクラスの先生も教えることに熱心で、よく考えられた授業を展開していました。

学生さんたちは、午前中は授業、午後はアクティビティでCAさんたちと会話、帰宅後はホームステイ先で英語での生活。英語なしでは生きることのできない環境に身を置くことは、苦しいことやつらいことがいっぱいあると思いますが(もちろん、楽しいこともいっぱいあると思います)、みんな弱音を吐かず、本当によく頑張っています。

「ちょっとずつ聞き取れるようになってきた」とか「自分から頑張って話してみた」という声も聞きます。CAさんと笑顔で会話している姿も目にします。着実に成果が出始めていると思います。あと2週間頑張ってください。



Posted by matsui at 16時21分   パーマリンク

オーストラリアコース! [海外語学研修]

画像(400x296)・拡大画像(640x475)

オーストラリア16日目。
現地で食べるオージービーフがホントに安くて旨く、どんどんボディーアップしているヒゲ夫です。

学生たちの日常はTwitterで日々更新しておりますのこちらからどうぞ。

愛知学院大学語学研修オーストラリアコース
https://twitter.com/agu_oz


<引率ヒゲ夫が感じたオーストラリア>
※あくまで個人の感想です。悪しからず。

・食事は基本的に日本人でも旨いと感じるメニューが多いのが特徴。日本食や日本の商品もいたる所にあるので、特に苦労はありません。特に「SUSHI TRAIN(回転寿司)」はオージー達に人気です。(高いけど・・・)

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

一皿2.5AUD均一!

・オーストラリアは資源国で一人当たりGDPは日本より高く、給与水準も高いそうです。なので物価も当然高くランチでも平気で15AUD(約1,300円)程度かかります。海に囲まれているにもかかわらず、魚はスーパーマーケットでもあまりなく、肉よりも魚介類は高価です。(魚が恋しい・・・)

画像(400x290)・拡大画像(640x464)

巨大マッシュルーム。怖い…

・半数以上のクルマは日本車。やはりTOYOTAの人気が高いようです。ただこちらでは韓国車が多いのが日本と異なり、ヒュンダイ、KIA等いろんな車種が走っています。(意外にカッコいい!!)

画像(261x400)・拡大画像(419x639)

レンタカーは少数派のルノー

・右ハンドルで左通行なので日本と同じ感覚で運転でき、すぐに順応できます。交差点は信号機のない「ラウンドアバウト」が多く存在し、最初は戸惑いますが慣れると信号待ちのストレスがなく、非常に優れた交通システムだと感じました。(国土の狭い日本では普及しないか・・・)

画像(400x294)・拡大画像(639x471)

進入には少しの勇気が必要

・お風呂文化がなく皆シャワーで済ませます。水資源を大切にする国でもあり、ホストファミリーから「シャワーは5分以内」と厳しく言われるそうです。(その割にそこら中の家庭に大きなプールがある不思議さ・・・・)

画像(400x309)・拡大画像(639x495)

プール付物件が約50万AUD!学長、一軒どうです?

まだまだ体験して分かったことがたくさんありますが、今日はここまで。

ではまた気が向いたときに!(笑)



学生の感じた、体験したオーストラリアはTwitterでどうぞ!

愛知学院大学語学研修オーストラリアコース
https://twitter.com/agu_oz

「オーストラリアコース!」の続きを読む

Posted by eiji at 13時51分   パーマリンク

2017年08月20日(日)

イギリスコース【街並みA】 [海外語学研修]

こんにちは。
ネバです。

早いもので残すところ1週間となりました。
イギリスから離れたくない学生もいるかもしれませんね。

さて、今回も街並みについて教えてもらいたいと思います。
教えてくれるのは、副団長のひとえさんです。
では、ひとえさんよろしくお願いします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

こんにちは。
副団長のひとえです。

カンタベリーに滞在して2週間、こちらの生活にはほとんど慣れてきました\(^-^)/

Canterbury West 駅からすぐのところにウェストゲートというお城の門のような入口があります。ここからカンタベリー大聖堂のある中心街へ行けます。残念ながらこれは車でしか通れませんが、歩行者は横を歩くことができます。

カンタベリーには古い建物を改装しているような店が多くあり、趣を感じられる街の一つです。

学生や観光客が多いカンタベリーでは様々なものが売っています。お土産やレストラン、カフェ、若者向けの安価な服、普通のスーパーや携帯ショップ、その他生活に必要なものはたいてい中心街で買うことができます。休日に街を歩くと音楽活動をしている人達や出店で賑わっています。

中心街を歩いていくと、お店の間から大聖堂が見えてきます。私のホストマザーは「道に迷ったら大聖堂を目印にするといいよ」とアドバイスをしてくれました(*≧∇≦)ノ

現在は工事中なのが残念でしたが、その美しさは変わらずカンタベリーのシンボルになっています。荘厳なゴシック建築の大聖堂は、一歩足を踏み入れただけで外と空気が変わるのを感じられます。綺麗なステンドグラス、アーチを組み合わせような高い天井、息を飲む美しさでした。カンタベリー大聖堂の価値は美しさだけでなく、歴史や宗教、人々の心の拠り所としての価値もあります。

この大聖堂と過ごせるのもあと1週間になってしまいました。思い残しのないように、この1週間を大切に過ごしたいと思います。

画像(180x153)・拡大画像(639x546)

奥の建物がウェストゲート

画像(101x180)・拡大画像(360x640)

大聖堂の入り口

画像(180x101)・拡大画像(640x360)

大聖堂


画像(180x101)・拡大画像(640x360)

ステンドグラスと高い天井

画像(101x180)・拡大画像(360x640)

ここに聖人が眠っているらしい


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

近くに大聖堂を越えるような高さの建物がないので迷った時は目印になりますね。
大聖堂は、1度だけではなく何回も行きたくなるような感じがします。
残りの時間を有意義に使いましょう!

次回は、カンタベリーの食事についてお届けします*'ー')ノ~~。

Posted by nebashi at 05時24分   パーマリンク

過去の記事へ


RSS1.0 RSS2.0
powered by a-blog