キャンパスブログ

2010年10月11日(月)

『オープン授業』に潜入取材〜part2〜 [潜入取材レポート]

こんにちは。ユータです。

本日、10月11日(月)は体育の日です!
祝日なので、高校では休みの学校が多いと思いますが、愛知学院大学では今日は通常の授業日!

これには理由があって、祝日を全て休みにしてしまうと、1学期間での必要授業科目数を開講できなくなってしまうためです。
そのため、祝日にも授業がある場合があります。

心身科学部健康科学科では、そんな日を利用して、一般の方に大学の授業を開放する『オープン授業』を開催しました。

前回に引き続き、今回もユータが潜入取材をしてきました。

今回も公開された授業科目数は4つ!

画像(180x119)・拡大画像(639x426)

スポーツ実技(水泳・水中運動)

画像(180x119)・拡大画像(639x426)

スポーツ実技(エアロビックダンス)


画像(180x119)・拡大画像(639x426)

スポーツ実技(ジョギング・ウォーキング)

画像(180x119)・拡大画像(639x426)

スポーツトレーニング演習


画像(180x119)・拡大画像(639x426)

写真右側が「ヘルパー」

<水泳・水中運動>
今回は主に水泳の泳法について授業を行っていました。

幼少時代に水泳を習っていたユータにとっては、懐かしいアイテム『ヘルパー』も登場していました。
いゃあ〜懐かしいです。

画像(180x119)・拡大画像(639x426)

「ヘルパー」の使い方

「ヘルパー」は、水中で重心が移動してしまうことを補助する役割で使用します。
まだ泳法をマスターしていない学生達には心強いアイテムです!

・・・余談ですが、この日のプールの水温は29.5℃!
室温はなんと32℃もあり、常に快適な状態で泳ぐことができるように温度調整をしているとの事です。

学生達には快適に泳いでいましたが、取材するユータは汗ダラダラです(笑)

画像(180x119)・拡大画像(639x426)

楽しく踊る学生達

<エアロビックダンス>
この授業では、エアロビックダンス指導者としての指導方法を学生達が学んでいました。今回も学生達の楽しそうな授業風景を目撃できました。

とはいえ、楽しく踊っているだけではないですよ。

エアロビックダンスを教える時というのは、対象者が数人から数十人と、人数によってダンス動作の伝え方を変えなくてはなりません。

画像(180x119)・拡大画像(639x426)

対象者が多い時の動作の伝え方

これは、対象者が指導者が行う動作を、すぐに理解してもらうために必要な事!

先生が身振り手振りを交え熱くレクチャーしていました。

写真では分かりにくいですが、この写真は「両足で歩きます」という意味。

両手を高く上げ、前後に振ることより歩くことを伝えています。

画像(180x119)・拡大画像(639x426)

トラックを走る学生

<ジョギング・ウォーキング>
ジョギング・ウォーキングでは、自然に走る(低速)と、やや早く走る(中速)と、早く走る(高速)の3つのスピードで800mを走った後の、脈拍数を計っていました。

この脈拍数から、負荷強度や運動強度を計算し、3段階のスピードが及ぼす変化を考察するとのことです。

画像(180x119)・拡大画像(639x426)

脈拍を計測中

自分の身体を考察のデータに使うことは、理解しやすく良いと思いますが、800m×3本はなかなか大変そうですね。

ユータ走れるかな・・・。

ちなみに、授業中の水分補給はOKですし、脈拍が落ち着くまでは日陰で休憩します。

画像(180x119)・拡大画像(639x426)

動作指示をする先生

<トレーニング演習>
今回のトレーニング演習の授業では、トレーニング器具を使わない筋力トレーニングの指導方法を学んでいました。

トレーニング器具を使わずに、何を使うかというと、「自分の体重」です。


画像(180x119)・拡大画像(639x426)

全員でジャンプ!!!

器具を使わずに自分の体重で行うメリットは、自分の体力に合ったトレーニングが可能である点と、場所や設備を選ばず誰にでも行える点です。

この授業も「トレーニング演習」の授業名の通り、ハードな授業という印象を受けましたが、
「スクワットを5回×2セット、ただし女子は3回×2セットでいいぞ」
と先生の優しい心遣いが素晴らしかったです。

画像(180x119)・拡大画像(639x426)

S.Wさんと健康科学科学生スタッフ

以上、今回の公開授業科目4科目でした。

最後に、今回ご参加いただきました、高校3年生のS.Wさんに今日の感想を聞いてみました。

S.Wさん「健康科学科の先生・生徒はみんな一生懸命で、仲良く楽しそうでした。ここに来れば、教員になるという自分の夢と楽しいキャンパスライフが過ごせると思いました。」

・・・S.Wさんの様に、自分の夢を叶えたい人、キャンパスライフを満喫したい人、そんな皆さんをお待ちしています。

Posted by sakai at 17時43分


RSS1.0 RSS2.0
powered by a-blog