AICHI GAKUIN UNIVERSITY 愛知学院大学

PHOTO REPORT 愛知学院大学のキャンパストピックを紹介します。

2016 MKC愛学祭・フォトレポート

2016 MKC愛学祭・フォトレポート

2016年10月16日(日)、MKC(名城公園キャンパス)愛学祭が開催されました。
第3回となる今年のテーマは「Innovation」。
地元や企業との連携、そして名古屋市北区の区民祭との連動など、
大学祭の枠を超えた試みに、朝からたくさんの人たちが集まり、
ステージの演奏にノリノリになったり、
模擬店のメニューを食べたり、芝生でゴロンとなったり。
思い思いに楽しみました。

ぐんまちゃんとミニゲームで楽しもう!

ぐんまちゃんとミニゲームで楽しもう!

ステージで愛嬌を振りまくのは、群馬県のゆるキャラ・ぐんまちゃん。群馬県にまつわるクイズを出題し、名産品や観光地など地域の魅力をアピールしていました。

歌って踊って、盛り上がりました

歌って踊って、盛り上がりました

シンガーソングライター・こんどうゆみかさんや、他大学のチアリーディング部、リズムダンス部など、ステージにはゲストが次々に登場。朝から夕方まで楽しめました。

おいしい匂いに誘われて。

おいしい匂いに誘われて。

大学祭といえばやっぱり模擬店。定番の焼きそば、焼き鳥、唐揚げなどに加え、子ども向けのゲームのお店もありました。どのお店もにぎわっていました。

学食は「こども横町」に変身。こどもも大人も笑顔になりました。

学食は「こども横町」に変身。こどもも大人も笑顔になりました。

MKC愛学祭の第1回目から人気の企画が「こども横町」。地元の小学生といっしょにお店をオープンしました。かき氷やジュース、ホットドッグなどの定番メニューから、地元商店街の人気のパン、本学経営学部・鵜飼ゼミが開発したロールケーキ「くるくるなごみかん」などを販売。子どもから家族連れ、お年寄りまでたくさんの人で一日中大盛況でした。

最初に仮想通貨「セン」に両替します。

最初に仮想通貨「セン」に両替します。

「子ども横町」で使うのは、ここでしか使えない仮想通貨「セン」。入り口そばの銀行ブースで両替することで、お金の管理をシンプルにし、子どもたちの負担を軽減しました。

お金のイラストも子どもたちが描きました。

お金のイラストも子どもたちが描きました。

お金に描かれたイラストも子どもたちによるもの。1週間前にみんなで集まって準備しました。今年は24名の子どもたちが参加。毎年、参加希望者が増えているそうです。

「おばけパンいかがですかー。」

「おばけパンいかがですかー。」

大学近くの商店街で人気のパン屋さんから仕入れたパンは、少し懐かしく優しい味。ハロウィンにちなんだかわいいおばけパンと、子どもたちの笑顔が人気でした。

陶芸部や写真部、書道部も作品を展示しました。

陶芸部や写真部、書道部も作品を展示しました。

陶芸部は自慢の陶器を販売。日進キャンパスにある部室で土を捏ね、時前の窯で焼いた陶器はどれも味わい深く、多くのお客さんが買い求めていました。

時速5kmの衝突実験。エアバッグも開くよ!

時速5kmの衝突実験。エアバッグも開くよ!

JAF(日本自動車連盟)のブースには、シートベルト効果体験車が登場しました。時速5kmとはいえその衝撃にみんなビックリ! シートベルトの大切さを実感しました。

青空めがけて、30m上昇!

青空めがけて、30m上昇!

名古屋市消防局からは巨大なはしご車が登場。スルスルと伸びるはしごの先に乗って、真っ青な空へ向かいました。子どもたちに大人気で、整理券は早々になくなってしまいました。

商品はあのテーマパークの入場券やゲーム機!

商品はあのテーマパークの入場券やゲーム機!

大学祭終盤には参加無料のビンゴ大会を開催。驚くのはその賞品で、デジタルカメラやたこ焼き器など、「無料でいいの?」と驚く品物が次々と。来年は行くしかありません!

オシャレを交換してみよう。

オシャレを交換してみよう。

ファッションアイテムの物々交換会も開催。アイテムを持ち込むとだれかのアイテムに交換できます。話題の循環型社会について考えるきっかけにもなりました。

あっという間の一日を惜しむように。

あっという間の一日を惜しむように。

この日のMKC愛学祭は、名古屋市北区の区民祭「きた・きたフェスタ」と連動して開催。シャトルバスも行き交い、朝からたくさんの人が訪れました。そして夕方になり、みんなの影が長くなっても、この賑わい。残りの時 間を惜しむように、みんな思い思いに楽しみました。

Voice ありがとう! みんなの声

Tさんファミリー

今日は学園祭なんですね。名城公園で子どもたちと遊んでいたら、すごく楽しそうな音楽や声が聞こえたので来ました。模擬店も楽しいです。

Tさんファミリー

心身科学部卒 Oさん

愛知学院大学の卒業生です。わたしが在学してにいたころはMKCはまだできていませんでした。すごくお洒落でうらやましいです。

心身科学部卒

Oさん

Tさん

経営学部の友だちに「模擬店やるよ。着ぐるみも作ったからおいでよ!」と言われて来ました。めちゃくちゃ楽しいです。

Tさん

Sさん

ダンスのパフォーマンスがかっこ良かったですね! 猿カフェで食べたタコライスもおいしかったです。

Sさん

Hくん、Nくん

子ども横丁でジュースを売りました。子どもへのおすすめはコーラです。おとなへのおすすめはコーヒーです。

Hくん、Nくん

第3回MKC愛学祭 実行委員会委員長 田中響太郎さん

1年を通じて準備してきました。苦労も多かったですが、企業との連携など新たな試みもでき、大学祭をInnovationできたかなと思います。

第3回MKC愛学祭

実行委員会委員長

田中響太郎さん