資料請求

第3学年編入学試験

出願資格

つぎのいずれかに該当する者。

  1. 学校教育法による短期大学を卒業した者、または2018年3月卒業見込みの者
  2. 学校教育法による大学に2年以上在学し、62単位以上を修得した者、または2018年3月修得見込みの者
  3. 学校教育法による高等専門学校、旧国立養護教諭養成所、および旧国立工業教員養成所のいずれかを卒業した者、または2018年3月卒業見込みの者
  4. 学校教育法による専修学校の専門課程修了者で「専門士」の称号を有する者、または2018年3月までに同称号を得る見込みの者
  5. 学校教育法による専修学校の修業年限2年以上で、かつ、修了に必要な総授業時数が1700時間以上の専門課程を修了した者、または2018年3月に修了見込みの者
  6. 学校教育法による大学への編入学資格基準を満たした専攻科の修業年限2年以上で、62単位以上修得した者、または2018年3月修得見込みの者

【注】

  1. 教員免許状は、単位認定状況によっては、卒業までの2年間で取得できない場合があります。出願期間前にお問い合わせください。
    (専修学校からの場合は教員免許状取得に関連する科目はすべて取り直しとなります)
  2. 文学部歴史学科、日本文化学科および宗教文化学科の第3学年編入による博物館学芸員資格取得は履修上できません。
  3. 心理学科および健康科学科の第3学年編入による言語聴覚士受験資格取得は履修上できません。
  4. 健康科学科は、単位認定状況によっては取得できない資格があります。出願期間前にお問い合わせください。
  5. 編入学者の単位認定については、別に定めるところによります。
  6. 入学手続完了後でも、入学資格のないことが判明した場合は、入学許可を取り消します。

試験日程・定員

試験日程・定員
ピンチ操作で拡大できます

試験会場

試験科目・試験時間・配点

試験科目・試験

選考方法

筆記試験、面接の結果と書類審査などにより、総合的に選考します。

併願について

「英語英米文化学科・グローバル英語学科」「商学科・経営学科・経済学科」「法律学科・現代社会法学科」という同一試験科目を課している学科間を併願できます。また、同一学科であれば同日に行われる第2学年編入学試験と併願することができます。

  併願可能な学部・学科群
第1群 文学部 英語英米文化学科
文学部 グローバル英語学科
第2群 商学部 商学科
経営学部 経営学科
経済学部 経済学科
第3群 法学部 法律学科
法学部 現代社会法学科
※例えば、商学部商学科を志望した場合、第2群内の学科から併願することができますが、第1群、第3群の学科は出願することができません。
メニュー表示
ページトップへ