資料請求

商学部
商学科

ビジネスや社会との関係を学び世の中に貢献できる社会人になる。

「ビジネス・ヒューマン・バリューの創造」を教育目標に掲げる商学部。「人間としての価値」を高め、他者への思いやりや自然との共生といった、真の優しさに満ちた人材を社会に送り出しています。商学はビジネスに関わる学問分野の総称。多彩な科目群でカリキュラムを構成し、学生は将来の目標に合わせてコースを選択、「実学」である商学をあらゆる角度から学びます。ダイナミックかつグローバルに展開している経済社会を見据え、高度な専門知識と豊かな教養、高い職業倫理感に裏打ちされた分析力、判断力、行動力を養います。
3fields

次代を担う、心豊かな
ビジネス・ヒューマンを育成。

創設以来60年にわたり、4万人以上の卒業生を輩出してきました。教育の軸は「人間としての価値=Human Value」を高めること。心豊かなビジネス・ヒューマンの育成をめざし、学生が自ら考えて実践を重ねるアクティブ・ラーニング形式の学修スタイルを展開しています。専門教育では、現代社会のニーズに対応した3コースを設定。ビジネス現場に直結した学びを通して、問題発見・解決力を養います。

学びの特色

ビジネスの「実学」を重視

商学部では、基礎から応用までを網羅した体系的なカリキュラムで商学に関する幅広い知識を養うとともに、「実学」を重視した少人数指導によって、理論を現代ビジネスの場で生かす手法を身につけます。

ビジネスに直結する情報教育

パソコン操作のスキルやWeb活用の知識など、ビジネス現場で役立つ情報教育を行っています。パソコンやスマートフォンなどで使われるプログラミングの基礎が学べることも特長です。

卒業生による「経営者講座」

4万人以上にのぼる商学部卒業生の中から、第一線で活躍する企業経営者などを招いて行うのが「経営者講座」です。仕事、経営、社会に関するテーマで、卒業後の人生に役立つメッセージを伝えます。

野村證券との提携講義を開講

野村證券グループと連携して開講する「商学特論」では、資本市場の基礎知識、証券投資と資産運用の基礎理論・手法などを講義。生きたビジネスに触れながらリスク・マネジメントを学びます。

4年間の学びのステップ

ビジネスに関わる学問の魅力を知り、
商学への関心を高める。

社会で役立つビジネス関連の学問に触れて関心を高めると同時に、2年次以降の専門領域(コース)や将来の進路を見据えて“ビジネス現場で必要な知識・技術”を身につけます。

各専門領域の基礎的な
理論や概念を理解する。

コースを選択した上で、各領域の専門分野に関連する科目を受講。基本的な理論や概念を理解し、ビジネスをより深く学んでいくための基礎固めを行います。

“ビジネスの学びが
社会で“使える”よう実践。

各コースの専門的な知識・技術を修得。将来、大学での学びをビジネス現場で実際に“使える”ようにするため、演習(ゼミナール)や応用商学などの講義で実践します。

専門性を深め、
4年間の学びの集大成を行う。

より高度で専門的な知識・技術を修得し、さらに実践を積み重ねます。各自が興味のあるテーマで卒業論文を書き上げ、4年間の学修の成果をまとめます。

アイガクにマナベ!

商学部 商学科
中澤 優介 講師
全ての動画を見る

ゼミレポート

自動運転車が普及すると、自動車保険はどうなる?

3年生は保険理論の入門書からテーマを選び、仲間との共同研究に取り組みます。このグループは「自動車保険」について調べています。「自動車を日常的に使う自分たちにとって、最も身近な保険だから、知識を深めたい」と学生たち。
自賠責保険と任意保険の違い、若者の車離れの原因と対応策、海外の自動車保険と今後の展望などについて仲間と意見を交わし、プレゼンテーションの資料をまとめます。
3・4年生合同で行うのが、田畑ゼミの特長。「保険を学ぶ」のではなく、「保険で学ぶ」ことを目的とし、先輩後輩で相互に高め合う貴重な経験と学びの場になっています。
この日は自動車保険を研究するグループが中間報告。ドライバーの代わりに車がハンドルやアクセル、ブレーキを操作する「自動運転車」の開発が急速に進む時代、自動車保険も変わっていくことを予測します。「完全自動運転車の事故が発生した場合、ドライバーには運転を支配する能力がないため、運転者の責任の度合いが下がります。現在の自賠責制度を根底から見直さなくてはならないでしょう」。
「なぜドライバーの責任が低くなるのですか?」という質問に、学生は「運転者に『過失』があるかどうかが、不法行為責任が問われるポイントです。そのため、自動運転車のレベルが上がるにつれて、運転者の責任が低くなる代わりに、自動車メーカーの責任が上がっていくと考えられます」と的確に説明。
3年生は田畑教授や4年生からのアドバイスを参考に、さらに研究内容を深めます。その成果を発表するのが、他大学とのジョイントゼミ。研究報告会を行い、自分たちとは異なる専門分野・視点からの質問にも臨機応変に答え、柔軟な思考力や対応力を鍛えます。
3年次の共同研究で培った専門性を、4年次の個人研究で発展させ、4万字にもおよぶ卒業論文を書き上げます。田畑ゼミでは卒業論文を製本するのが伝統。4年間の学びの集大成として「世界で一冊の本」が完成すると、学生たちは大きな達成感と自信も手にします。

田畑ゼミ

保険理論を基礎から学び、「現代社会におけるリスクと保険の機能」について研究。日常生活やビジネスで欠かせないリスク認識をベースに、保険の必要性や限界、リスクマネジメントなどを考える。

卒業論文テーマ一覧

  • ファストファッションのマーケティング
  • スイミングスクールの経営とマーケティング戦略
  • テレビCMの好感度とプロモーション効果の関係性
  • 地域ブランドの活用の研究
  • 日本と諸外国のワークライフバランスの研究
  • MLBの経営戦略
  • ディズニーの経営戦略
  • 粉飾決算とその対策に関する一考察
  • 複式簿記の社会的必要性と影響力
  • 事業の多角化とホテル経営-西武HDとリゾートトラスト-
  • 名古屋市の財政分析-新地方公会計制度の視点から-
  • 競争激化するドラッグストアの経営分析
  • 生命保険の問題点と経営的課題
  • 変わる日本の自動車と自動車保険の挑戦
  • ウォーキングルートアプリの開発と有用性の検討
  • CSR情報のデータ分析からみるファストファッション業界の現状
  • 自動車事故防止を目的とした組込みシステムに関する一考察
  • Android対応空席表示システムの開発
  • エンタテインメントにおけるマルチメディアの活用についての一考察
  • スマートフォンにおけるセキュリティ対策に関する一考察
  • ストリートビューを用いた学内案内アプリの構築
  • トクホ飲料メッツコーラのマーケティング手法
  • LCC成功例ピーチ・アビエーションと失敗例スカイマークの研究
  • ハーレーダビッドソンのマーケティング
  • アサヒビールのマーケティング戦略
  • ASEAN市場における日本自動車産業の戦略
  • インターネット広告の進化と今後の課題
  • 「事業連鎖」の変化への対応策-富士フイルムの事例にもとづいて-
  • 日本企業のマーケティング戦略策定における組織的課題
  • 学校法人会計基準についての一考察
  • スポーツ用品メーカーの将来-ミズノとアシックスの経営分析-
  • 税効果会計の研究粉飾決算の研究
  • 楽器業界の将来性の考察-ヤマハと河合楽器-
  • 浜松から世界へ-ホンダとスズキの経営分析-
  • 競争激化する100円ショップ業界の経営分析
  • IFRS採用による業界別の影響の分析
  • 住宅設備機器メーカーの経営分析-新築市場からリフォーム市場へ-
  • 飲食業界の経営分析-不調の外食と好調の中食-
  • 子供の運動神経向上を目的としたICTの活用について
  • Javaによる書籍管理システムの開発
  • 遠隔操作の危険性とセキュリティ対策に関する一考察
  • ペットの飼育におけるITの活用について
  • Web対応型予約管理システムの構築
  • スポーツ競技場におけるITの活用に関する研究
  • 博物館におけるマルチメディアの活用について
  • スマートフォン対応学内案内システムの構築
  • 美容におけるICTの活用について
  • 農業におけるITの活用についての一考察
  • シュマーレンバッハ、ワルプ、コジオール 三学者の貸借対照表論
  • 原価企画とライフサイクル・コスティング
  • 中小企業におけるバランスト・スコアカードの導入
  • アベノミクスと年金問題
  • ラグジュアリーブランドの現状と大学生における認識
  • 震災におけるITの利活用の現状とアプリ開発
  • オタク市場における規模の成長に関する研究
  • Android対応ナビゲーションシステムの開発
  • 震災からみた日本経済復興
  • 消費税増税に関する一考察
  • 再生可能エネルギーの戦略的展開
  • 企業における女性の社会進出と活躍
  • 様々な企業のジェンダーマネジメントの取り組み
  • 砂漠化に関する一考察
  • 近江商人の経営戦略
  • ドラッカーの経営思想について
  • 高齢者によるコンビニエンス・ストア利用の現状と展望
  • ヒットするゆるキャラの法則
  • 火災・地震保険制度と今後の課題
  • 感性のマーケティング~香り~
  • 二次元コンテンツを活用したまちおこし
  • 購買行動に及ぼすくちコミ情報の影響力に関する研究
  • キヨスクの駅内販売における戦略と課題
  • 名古屋金利は存在するのか
  • セルフスタイルカフェのこれからの動向
  • 印刷業界トップ2社の将来~どうやって金のなる木を見つけるか~
  • ソーシャルゲームの急成長による今後のオンラインゲーム業界の展望
メニュー表示
ページトップへ