資料請求

歯学部
歯学科

確かな基礎知識と技術を備え、歯科医療をリードする歯科医師に。

歯科医師に求められるのは、何よりもまず十分な基礎能力を備えていること。その重要性をふまえて歯学部では、実践を重視した歯科医師教育に取り組んでいます。その中心が、学生の特性をふまえたきめ細かい個別指導です。臨床実習では、毎日900人もの患者さんが訪れる歯学部附属病院で、多彩な症例に触れながら歯科医療を学びます。こうした教育を受けて社会に巣立った卒業生は、中部地区ならびに日本の歯科医療をリードする存在として活躍。チーム医療の場で力を発揮し、患者さんの幸せに貢献できる医療人へと成長しています。
1fields

私学随一の伝統のもと、
次代を拓く歯科医師を養成。

1961年、戦後初の私立大学歯学部として設立されました。「実践」を重視した歯科医師教育に一貫して取り組み、歯科医療の現場で求められる専門性を養成してきました。その伝統と実績を発展させ、社会のニーズに対応する教育プログラムを充実させています。優れた技能・幅広い教養・豊かな人間性を備えた歯科医師を全国各地に送り出し、日本の歯科医療の発展に貢献しています。

学びの特色

歯学部附属病院での臨床実習

5年次からの「臨床実習」は、本学歯学部附属病院で実施。実際の診療に参加し、技術修得に力を注ぎます。医療現場で患者さんとの触れ合いを経験することにより、歯科医師としての使命感と自覚を養います。

診療参加型実習を採用

学生が主体的に診療に参加するアメリカ式の診療参加型実習(クリニカル・クラークシップ)を採用。患者さん一人ひとりの個性に合わせた治療に励むことにより、思いやりを持ってサポートする力を養います。

最先端分野の研究展開

本学の歯学部グループが、取り除かれた歯髄(歯神経)を再生するという新しい治療法を開発しました。最先端の研究開発として、内閣府の先端医療開発特区に選定。実用化に向けた研究が進められています。

私学随一の伝統

本学歯学部は、戦後初めて設立された私学の歯学部。卒業生は全国で活躍しており、すべての都道府県に歯学部の同窓会支部が設けられています。伝統とネットワークを活かし、日本の歯科医療の発展に貢献しています。

6年間の学びのステップ

医療人に必要な教養を身につけ、
歯科医師になる心構えを持つ。

専門科目を学ぶ前に、一般教養を学び、歯科医学入門や歯学体験を経験し、歯科医師になる心構えを築きます。

歯学・医学の臨床的な知識、
実践力を身につける。

基礎科目や臨床科目、数多くの実習を通して歯学・医学の臨床的な知識、実践力、歯科医師の倫理観を身につけます。4年次には共用試験を受け、知識・技能・態度の各面から学習到達度を確認します。

臨床実習で実際の診療に携わり、
歯科治療の総合力を高める。

医療現場に踏み出す前の総仕上げとして、5年次から歯学部附属病院での臨床実習に参加します。各診療科で患者さんの診療に携わり、歯科治療における総合力を養います。

アイガクにマナベ!

歯学部 歯学科
千田 彰 教授
歯学部 歯学科
前田 初彦 教授
全ての動画を見る

ゼミレポート

メカニカルな知識・技術も、歯科医師の必須スキル。

約150人の学生が広い実習室で一斉に受講する「情報の科学」。この回では、歯科理工学を専門とする河合教授が教壇に立ち、「歯科材料の温度を測定する装置」の作成方法を伝えます。学生たちはスクリーンを見て手順を確認し、自主的に作業を進めます。
2種類の金属線を接続した小さな回路・熱電対が、温度を感知する重要なセンサー。この電子部品を基盤に取りつけ、ハンダゴテで固定していきます。細かい作業に黙々と取り組む学生たち。歯科治療に求められる正確で繊細な手技を鍛えます。
必要な電子部品を組みつけた基盤を、パソコンに接続。温度データをインプットするプログラムを起動させます。
熱電対に触れて、モニタに表示される温度が上がり、装置が正しく動くことを確認。後日、この装置を使って、義歯の材料となるプラスチック素材の発熱温度、義歯の型をとる石膏が固まるまでの温度を測定します。
完成した基盤に、さらにLEDライトを設置。前回の演習で作成した「LED点灯制御プログラム」の動作確認も行います。正しく点灯すると、学生はニッコリ。上手くいかなかった学生は、原因を探り、教員のアドバイスを参考にして再度プログラミング。
「臨床現場で多種多様な機械を的確にコントロールし、患者さん一人ひとりに合った診療を行うためには、工学や情報学の知識も必要不可欠です」と河合教授。多分野に精通し、学び続ける高い志を備えた歯科医師になってほしいと期待を寄せます。

情報の科学(1年次講義) 河合 達志 教授

プログラミングや制御装置の作成、それらを用いた歯科材料の測定実験などを実施。臨床現場で電子機器・装置を取り扱うための知識・技術を修得し、歯科診療の手技を磨く。

講座テーマ一覧

  • 幹細胞の特性を解析し、幹細胞を用いた細胞治療法を探究する
  • 遺伝子操作マウスを用いたからだと脳の性分化の分子生物学的研究
  • 咀嚼・嚥下運動の神経による制御機構の解明。味覚認知の神経機構の解析
  • 唾液腺細胞の分泌機能:その調節系と可視化
  • 病気の原因や成り立ちの研究解析および病気の確定診断
  • 口腔の微生物がどのように歯科二大疾患の原因になるかの研究
  • 神経が骨をつくり、骨を壊すメカニズムの研究
  • 3次元造型フレームと骨形成因子との複合化による生体内骨誘導
  • 口腔の健康維持による生活の質の向上や健康寿命の延伸への貢献
  • 歯科との連携で動脈硬化や糖尿病合併症の新発見を世界へ発信
  • 外科で診療する病気と歯や口の中の病気との関連性の調査
  • 健康増進を目指した歯の病気に関する最新の予防法、治療法の研究
  • 歯の神経(歯髄:しずい)の保護をめざした新しい材料と再生治療法の開発
  • 歯を支える組織が破壊されるメカニズムと破壊された組織の再生法
  • 磁石とコンピュータを利用した新しい入れ歯の開発と臨床応用
  • 高齢者や歯を失った患者の機能を入れ歯やインプラントで回復する研究
  • セラミックスや金属のかぶせ物をして歯の色や形を回復する研究
  • 外科的治療法を要する口腔顎領域疾患に対する基礎的・臨床的研究
  • 口と顔の病気や奇形やけがの原因と治療法の研究・開発
  • 口の病気に苦しむ子供達の治療、研究、国際医療援助等
  • 歯の移動メカニズムの解明による効率的な治療システムの研究開発
  • 歯髄(歯の神経)幹細胞から歯髄と歯の周りの組織を再生する研究
  • 見透すか 心の中まで エックス線 顎の病気や 虫歯と一緒に
  • 歯科治療に対する不安などのストレスを軽くする安全で確実な麻酔法の開発
  • 高齢者の特性等をふまえた在宅での口腔健康管理に係る教育・研究
メニュー表示
ページトップへ