広い視野で経済問題を読み解き
解決に導く力を養う。

3FIELDS
中部、日本、世界の経済
社会を多角的に読み解く

世の中の経済現象を正しく理解するために、3つの視点からアプローチ。それぞれ基礎、応用、実践、総合の段階的なプログラムを用意し、経済学を体系的に学びます。地元企業と連携し、ビジネス現場と結びついた学修・研究により、経済社会に貢献できる人を育てます。


学びの特色

  • 経済情報の処理能力を磨く

    1年次の「情報リテラシー」では、富士通FOMと連携した講義で情報処理の基本的スキルを修得。また、「経済情報処理Ⅰ・Ⅱ」「経済情報論A・B」では経済事象に関わる情報処理や活用方法を学びます。
  • 「生きた経済」と理論の融合

    経済の理論、歴史、産業・政策、国際、金融・財政に関する専門知識と、「生きた経済」をリンクさせるために、産業界やシンクタンク、行政と連携した講義を開講。実践的な問題解決力を養います。
  • 実社会で使える語学力を修得

    1・2年次に基礎的な英語力を身につけ、3年次にブラッシュアップし、TOEICでその実力をチェック。経済社会に関する英語文献の講読も行い、語学的コミュニケーション能力を磨きます。

Special Lecture ビジネス界との連携講義・プロフェッショナルからの学び

特任教授 池上 彰 経済学の知識をツールとして活用し、ニュースを分析しよう。
大学院特任教授 神田 真秋(前愛知県知事) 知事・市長の経験を活かし、政治から地域社会・経済を捉える。
特任教授 中山 厚(元東海財務局長) 財政、金融を題材に困難な課題を解決する構想力を鍛える。
特任教授 涌井 史郎 経済と環境の融合に持続的未来の解がある。

  • 財務省東海財務局
    東海地方を中心とする地域経済の動向、国家・地方財政の状況と課題、金融事情、国有財産の有効利用などをテーマとして、財務局スタッフがリレー講義を行います。学生は第一線の実務家から中部圏の「生きた経済」を学び、経済学をより実践的な観点から理解するとともに、自分の将来に対する目的意識も明確にします。

  • 農林水産省東海農政局
    農林水産省の地方支分部局・東海農政局と愛知学院大学は、連携協定を結んでいます。このつながりを活かし、国産農産物の需要拡大につながる調査研究、農業に関するセミナーなどを共同で実施。食料・農業・農村を活性化し、国民生活の安定向上、経済発展、地域社会の振興に貢献する人材の育成をめざします。

  • 公益財団法人 中部圏社会経済研究所
    「地域の時代」と言われる中、地域経済を的確に分析し政策に結びつけることが大切になっています。そのため、中部圏での政策立案等に大きな役割を担っている中部圏社会経済研究所と連携し、地域経済を分析するために必要となる経済分析手法と、具体的な経済・産業政策を学びます。

  • 東海東京証券(株)
    東海東京証券株式会社による寄附講座では、証券や証券市場に関するトピックスを実務的な視点から理解します。生活者に求められる証券投資の基礎知識、さらに、金融商品を取り扱う際に必要となる知識やモラルを身につけることができ、証券会社への就職を志望する学生にとって学びの多い講義となっています。

  • 富士通エフ・オー・エム(株)
    大学での学修や研究、就職活動、さらには社会人として必要となる情報活用能力を磨くために開講される「情報リテラシー」。代表的なソフトウェアであるWord、Excel、PowerPoint等について実践的な教育を、企業向けの情報研修などで豊富な実績を誇る富士通エフ・オー・エム株式会社と提携して行います。
詳細は経済学部のサイトへ