状況に応じた判断力を身につけ、
医療に貢献できる薬剤師へ。

1FIELDS
人々の健康に貢献する
「医療人たる薬剤師」を養成

基礎系、臨床系、応用系の学びを積み重ね、疾病・治療や医薬品に関する専門知識を修得。豊富な実習科目によって、チーム医療の現場で求められる実務能力を豊かに伸ばします。医療人としての使命感を持ち、人々の健やかな毎日に貢献できる薬剤師を養成します。

学びの特色

  • 体験学習で医療人の心を学ぶ

    2年次の「早期体験学習」では薬局や病院を見学し、薬剤師の仕事に対する理解を深めます。5年次には薬学教育の総仕上げとして臨床現場で「実務実習」を行い、調剤や服薬指導などチーム医療の実践に励みます。
  • 各講座で最先端の研究を実施

    4年次期末には各講座の研究室に配属され、教授陣の指導のもと実験や文献調査などを行います。研究に取り組んだ経験を活かし、日々進歩を遂げる薬学の分野で自ら考え行動できる薬剤師をめざします。
  • 最新設備を使ったモニタリング

    シミュレーションを行うための人形を使い、血圧や心電図、呼吸音、血糖値などを疑似測定。薬を投与した後の症状の変化をモニタリングし、臨床現場で必要となる「患者さんの容態を把握する力」を養います。
詳細は薬学部のサイトへ