学生支援

キャリア形成支援

独自の支援プログラムで一人ひとりの目標実現をサポート

卒業後の人生を実りあるものにするためには、早い時期からキャリア(人生設計)に対する意識を持つことが必要です。時間をかけて自分自身のことを理解し、意義のある4年間を過ごすことで、本当の自分を実現することにつながっていきます。4年間を通じて「自己発見」「自己実現」を支援するのがキャリアセンターです。独自に構築した支援プログラムと、キャリアアドバイザーによるきめの細かい指導で、学生一人ひとりの目標実現をサポートしていきます。 キャリアセンター

資格取得支援

目的に応じた多彩なプログラムで資格取得をサポート

エクステンションセンターでは、多彩な資格取得プログラムを用意。4年間のモデル・スケジュールを設定し、将来の目標に合わせた資格取得をサポートしています。実績のある専門学校と提携し、より実践的な試験対策やリーズナブルな受講料を実現。講座はすべて学内で行われるため、授業の空き時間や学内の資料等を活用して効率よく受講することができます。 エクステンションセンター

インターンシップ

インターンシップを正規の授業として実施

在学中に就業体験をする制度=インターンシップは2・3年生を対象に、正規の授業として行われます。企業や役所など実際の職場での体験を通して、「働くとはどういうことなのか」を身をもって学びます。インターンシップの経験は将来に対する目的の明確化につながります。サポート体制の強化により、参加者数は年々増加。2015年度には214企業に、345名の学生がインターンシップに参加し、キャリア意識の構築に役立てています。 詳細はこちら

奨学金制度・特待生制度

本学には、みなさんが安心して勉学に励むことができるように、従来より、(1)奨学金制度 (2)成績優秀者を対象とする特待制度の2種類の支援体制があります。
  • 奨学金について

    経済的な理由により就学が困難な学生に対し、学業を続ける機会を保障・援助する制度です。学力と人間性に優れた健康な学生と、その家族の負担を軽減するために、本学は応急奨学金制度を設けるとともに、地方自治体や民間団体により各種奨学金制度を取り扱っています。奨学金制度には返還義務のない「給付」と、卒業後所定の期間内に返還義務がある「貸与」の2種類があり、その選考基準や金額・返済予定・利子の有無などは制度によってことなります。 詳細はこちら
  • 特待生について

    愛知学院大学特待生制度
    学科ごとに選抜された成績優秀者に対して、返済義務のない一定金額を給付する本学独自の制度です。
  • 新入生特待生制度

    本学が定める試験で入学試験成績が優れていて方が対象で、初年度の納入金が大幅に免除されます。 詳細はこちら