TOP歯学部 歯学科歯学科 記事・動画一覧

患者さんの「不安」に、
誠実に向きあう歯科医師へ。

歯学部
歯学科

患者さんの「不安」に、
誠実に向きあう歯科医師へ。

瀧村 怜未

歯学部 歯学科
2022年3月卒業
愛知県立旭丘高校出身

 

 

画像から疾患を見極める力。

歯科疾患を診断し、治療方針を決定する“入口”のひとつでもあるレントゲン写真や各種画像。「放射線・画像診断学」では、顎関節症や上顎洞病変など、さまざまな症例のレントゲン写真や画像を見て、所見の説明を行いました。その重要性と経験値の重要性に気づき、6年次の実習では放射線科を希望。大学附属病院で実際の症例を数多く見て、大学で得た知識同士がつながるおもしろさを実感しました。

 

 

不安も伝えてもらえる歯科医師に。

歯科医師には、コミュニケーション能力がとても大事です。「歯医者さんに行くのは不安」という人はまだまだ多く、例えば「痛いのが苦手」ということも「怒られそうで言えない」ような関係性では、患者さんにとってベストな治療はできないと思います。患者さんそれぞれのニーズをくみ取り、一人ひとりときちんと向きあう。めざすのは、最適かつ誠実な対応ができる歯科医師です。

 

 

◎私の好きな講義

冠・橋義歯補綴

歯の欠損に対しての回復の手法について学びました。周りの歯に害がないよう元あった通りにするというのは、言葉で言うのは簡単ですが実際にはすごく難しいこと。歯科技工士さんのすごさを思い知りました。

 

◎今力を入れていること

臨床実習

たくさんの症例を見させていただきましたが、同じ病気でも年齢や状態などにより個人差が大きいことに驚き!先生方の「経験が大事」という言葉通り、コツコツ経験を積んで早く一人前の歯科医師になりたいです。

 

◎歯学科を選んだ理由

叔父がこの学科の卒業生でいい大学だと評判を聞いていたこと、そして専門性の高い職業に就きたいと考えていたので、歯科医師という道を選びました。

関連するリンク