資料請求

公募制推薦入試A[専願]

出願資格
評定平均値3.3以上
※宗教文化学科は3.0以上
地方
試験会場
グローバル
特待生選抜
第2志望
出願可

ポイント

  • 専願制です。(合格したら本学への入学が条件となる試験です)
  • 試験は課題文設問型小論文とマークシートによる適性検査です。(薬学部・歯学部・短期大学部は課題文設問型小論文と面接)
  • グローバル特待生の対象(文学部のみ)です。  > グローバル特待生制度
  • 第2志望出願が可能です。(入学検定料は無料)

出願資格

■大学:つぎの各条件を満たす者。

  1. 人物が良好であって、学校長が責任をもって推薦しうる者
  2. 高等学校または中等教育学校の全体の評定平均値が3.3以上の者。ただし、文学部宗教文化学科は高等学校または中等教育学校の全体の評定平均値が3.0以上の者
  3. 日本の高等学校または中等教育学校(文部科学省認定の在外教育施設を含む)を2019年9月卒業、または2020年3月卒業見込みの者。ただし、歯学部歯学科は2019年3月に卒業した者、および2020年3月卒業見込みの者
  4. 本学への入学を特に希望する者(合格したら本学に入学することを条件とします)
  5. 薬学部については、
    ①基礎を付さない「生物」「化学」「物理」のうち1科目以上を履修している者
    ②薬剤師になる目的意識を明確にもっている者
  6. 歯学部については、
    ①基礎を付さない「生物」「化学」「物理」のうち2科目以上を履修している者
    ②歯科医師になる目的意識を明確にもっている者

■短期大学部歯科衛生学科:つぎの各条件を満たす者。

  1. 人物が良好であって、学校長が責任をもって推薦しうる者
  2. 高等学校または中等教育学校の全体の評定平均値が3.3以上の者
  3. 日本の高等学校または中等教育学校(文部科学省認定の在外教育施設を含む)を2019年9月卒業、または2020年3月卒業見込みの者
  4. 本学への入学を特に希望する者(合格したら本学に入学することを条件とします)
  5. 歯科衛生士になる目的意識を明確にもっている者

試験日程・定員

心身科学部 健康科学科・健康栄養学科・商学部では実施しません。

試験日程・定員
ピンチ操作で拡大できます
[注]同一法人を含む

試験会場

学部 場所
文学部
心身科学部(心理学科)
経営学部
経済学部
法学部
総合政策学部
薬学部
歯学部
短期大学部

試験科目・試験時間

試験科目・試験

第2志望出願について

第2志望出願が可能です(入学検定料は無料)。
  出願可能な学部・学科群
第1群 文学部 英語英米文化学科
文学部 グローバル英語学科
第2群 法学部 法律学科
法学部 現代社会法学科
※例えば、文学部 グローバル英語学科を志望した場合、第1群内の学科から第2志望出願することができますが、第2群の学科は出願することができません。

選考方法

  • 文学部(英語英米文化学科・グローバル英語学科)・法学部は、基本的には学科ごとに第1志望を優先し、高等学校または中等教育学校の調査書の評定平均値、取得資格、特殊・特出能力、課題文設問型小論文、適性検査の評価などにより、総合的に選考します。ただし、第2志望で合格となる場合もあります。
  • 文学部(歴史学科・日本文化学科・宗教文化学科)・心身科学部(心理学科)・経営学部・経済学部・総合政策学部・薬学部・歯学部・短期大学部は、高等学校または中等教育学校の調査書の評定平均値、取得資格、特殊・特出能力、課題文設問型小論文、適性検査の評価などにより、総合的に選考します。ただし、薬学部・歯学部・短期大学部は面接の結果も総合して選考します。

> 判定方法について

特別考慮について

本学が指定する資格、特殊・特出能力を有する場合は、合否判定の時に特別に考慮します。

> 資格取得者および特殊・特出能力を有する者の特別考慮について

メニュー表示
ページトップへ