資料請求

文学部
歴史学科

専門性と「人間力」を養い、 医療人としての使命を果たす。

悠久の時を越え、史料を通して世界、社会、人を追究していくことが、歴史学の醍醐味です。愛知学院大学の歴史学科は、日本史、東洋史、西洋史、イスラム圏史、考古学といった世界中のあらゆる地域・年代の歩みを幅広く学ぶことができる、全国的にも数少ない学科。2年次からゼミが始まり、少人数教育によって基礎から専門へと段階的に知識を深めます。史実に対して「なぜ?」という問題意識を持って自ら答えを探し、仲間と議論する過程で、課題解決力、柔軟な思考力、プレゼンテーション能力が培われ、これからの時代を拓く人へと成長します。
5fields

世界的視野の歴史研究をめざす、
全国屈指のカリキュラム。

歴史を探究して約40年の伝統を積み重ねる、中部地区を代表する歴史学科です。世界のすべての地域をカバーするカリキュラムは全国的にも珍しく、あらゆる角度から歴史を学ぶことができます。1年次に5領域の概説を総合的に学んだ後、2年次からゼミやコースを選択。各時代・地域の歴史的事象を「点」ではなく「線」や「面」で捉える広い視野を身につけ、現代の社会や世界を見通す力を養います。

学びの特色

史料を読み解く力を養う

古文書史料や考古資料、さまざまな文献を批判的に読み、議論を重ねていきます。自分の力で史料を読み解く経験は、事実を暗記するだけでは得られない「考える力」を育み、文化財保存に携わる第一歩となります。

少人数ゼミでの豊かな学び

少人数のゼミで議論や発表などを行い、教員やゼミ生とのコミュニケーションを深めながら、専門性を高めます。また、集大成となる卒業論文の作成を通して、論理的に考え、表現する力を養います。

歴史学科専用の共同研究室

5コースを網羅した広範な分野の文献を所蔵しているのが、歴史学科専用の共同研究室です。周囲には歴史学科教員の研究室があり、資料の閲覧のほか、教員への質問や相談などの目的で多くの学生が訪れます。

本物の歴史に触れる博物館

大学の中にいながら本物の歴史に触れられる施設が、文学部博物館です。ここを拠点に文化財や史料の取り扱い方法などを学ぶ経験が、博物館学芸員をめざす上でも役立ちます。

4年間の学びのステップ

5つの概説を学び、
自分の進みたいコースを決める。

歴史学を深めるのに必要な日本史、東洋史、西洋史、イスラム圏史、考古学の概説を修得。多角的に歴史を捉える視野を身につけ、2年次から専門的に学ぶ分野を見極めます。

5つのコースで
専門的な学びがスタート。

古文書や史料の読み方(日本史)、文献の検索・読解方法(東洋史/西洋史/イスラム圏史)、発掘調査の実践的基礎知識(考古学)など、専門研究に必要な基礎力を養成します。

専門のゼミで、
取り組みたいテーマを決める。

ゼミでのプレゼンテーションを通して、自分の見解を的確に伝える力を鍛えます。情報分析力、史料の読解力なども高め、卒業論文のテーマを絞り込みます。

大学での学びをまとめ、
卒業論文として開花させる。

これまでに得た知識や力を活かし、卒業論文を作成。ゼミ内で発表し、議論しながら考察を発展させます。実社会に通用する調査力、分析力を磨き、学修の総仕上げを行います。

アイガクにマナベ!

文学部 歴史学科
後藤 致人 教授
文学部 歴史学科
松下 憲一 准教授
文学部 歴史学科
藤澤 良祐 教授
文学部 歴史学科
中村 敦子 准教授
全ての動画を見る

ゼミレポート

幕末、名古屋の人たちは、どう暮らしていた?

3年生13名が調査しているのは、幕末から明治初期に押切村(現・名古屋市西区)で作成された古文書。住人の転出入に関する書類、商店の注文書などをグループごとに読み解き、当時の人々が生きた社会を探ります。
歴史書や辞書などを活用しながら古文書を1枚1枚読解。現代語訳した内容をまとめ、古文書を整理します。貴重な史料を後世に受け継ぐための大切な作業です。
押切村の概要を調べているグループ。100枚以上の古文書を手分けして解読し、「江戸初期は農村だったが、名古屋城の近くだったため都市化した」「商店が多く、大坂との取引が盛んだった」ことを明らかにします。
このグループは押切村の「人々の移動」に関して調査。江戸時代、住民の転出入の管理は寺院でされていました。その帳面は、現代における戸籍の役割を果たしていたもの。学生たちは現物を分析し、村の人々が暮らしの基盤をどう築いていたのかを推測します。
乾物店を営む商人の取引に着目したグループは、注文書や領収書を読み解きます。「取引先や顧客とのやり取り、利益を得る方法、そして当時の人々の暮らしが見えてきて、より多くの書面を解読したくなります」と学生たち。
「押切村はなぜ発展したのでしょうか?」と中川教授が問いかけると、学生は「交通の便がよい場所にあったからではないか?」「他にも何か理由があるかもしれない」と考察を深めていきます。
古文書から何が読み取れるのか。グループで調査・議論し、共同でレポートを作成します。その成果を積み重ねて古文書目録と報告書をまとめ、近代における「普通の人々の普通の暮らし」を探究。その過程で情報分析力や論理的思考力を養うことが、中川ゼミの大きな目標です。

中川ゼミ

近世の日本の経済と社会が研究テーマ。戦国時代から江戸時代末期にかけての商業・金融・海上交通のあり方の解明に取り組む。ゼミでは江戸時代、明治時代の古文書を読解し、地域の歴史や文化を探究。

卒業論文テーマ一覧

  • 中世前期における武具についての考察
  • 後陽成朝の密通事件について
  • 応仁の乱と有力守護大名の関係について
  • 越後上杉氏の研究-御館の乱を中心に-
  • 芸能における宗教的要素
  • 百鬼夜行の歴史的変遷
  • 自衛隊成立過程の研究~旧軍人の役割を中心に~
  • 昭和戦前期の駐在武官とその政治的影響について
  • 古代中国における奴隷制
  • 戦国の王陵と秦漢皇帝陵
  • 満州地方中心の国共内戦と外交史
  • 二・二八事件の実態と歴史的位置
  • コロッセオから見える古代ローマ帝国
  • ピューリタン革命の起源
  • 冷戦初期のアメリカとNATO-ブリュッセル条約から西ドイツの加盟まで-
  • イスラーム写本における挿絵美術
  • 16-17世紀の中東欧におけるハプスブルクとオスマン
  • 中部地方における後期旧石器後半期のナイフ形石器文化の様相
  • 東海地方を中心とした縄文時代草創期の石器文化
  • 瀬戸美濃大窯から初山・志戸呂窯への技術伝播
  • 伊勢地方における古代の陶器生産について
  • 中世における皇子の研究
  • 中世における化粧について
  • 中世の怨霊について
  • 中世における仇討と喧嘩両成敗の成立
  • 中世の「売寄進」について-尾張国妙興寺文書を中心に-
  • 織田信長と朝廷
  • 小牧・長久手の戦いについて
  • 加茂一揆について
  • 江戸時代の化粧文化について
  • 戦時下における学童の食生活-愛知県の実例を中心に-
  • 戊辰戦争長期化の要因
  • 昭和期の宮中と女性-激動の時代を生き抜いた皇族と女官-
  • 南朝における江南豪族の動向
  • 中国における弩と弓に関する考察
  • 南北朝隋唐における楽制の変遷
  • 張作霖と日本の関係
  • 1900年代前半における日中文化人の交流とその特色
  • 李朝末期の動乱における閔妃の位置
  • 古代エジプト人の死生観から見るピラミッドの意義
  • ギリシア神話形成の背景-民族の軌跡と変遷-
  • レオナルド・ダ・ヴィンチと「モナ・リザ」
  • 近代イギリスにおける男性の服飾史
  • フランス革命~恐怖政治を中心として~
  • ナチス政権下のドイツ国民~抵抗と協力~
  • レコンキスタとナスル朝の動向
  • 中央アジアにおけるナショナリズムの展開-1910年代のフィトラトの思想にみる変化-
  • イギリス外交とパレスチナ問題の起源
  • 縄文時代後期から晩期における土器棺墓とその埋葬形態について
  • 後期旧石器時代前半期における石器群の型式学的変動とその意義
  • 縄文時代の墓制とその社会
  • 窯内柱の出現と展開-常滑窯から中津川窯へ-
  • 瀬戸黒編年の再検討
  • 尾張・三河における土人形の研究
  • バルカン紛争と第一次世界大戦~サラエボ事件とその歴史的背景~
  • ケネディ大統領と冷戦-冷戦の中での外交判断-
  • 松平氏についての一考察-長篠の戦い以前を中心にして-
  • 美濃国守護土岐氏と「桔梗一揆」
  • 中世東海地方の一括出土銭について-出土状況を中心に-
  • 「鳥羽絵」から見る江戸時代の生活文化
  • 世界に広がるイスラーム-モスクが語る多様性-
  • 『アラビアン・ナイト』にみるイスラーム世界の発展と異文化交流
  • 北欧神話とキリスト教
  • 中世窯出土の陶錘について~渥美窯・常滑窯を中心に~
  • 近代中国の秘密結社について-政治社会と関連させて-
  • 坂本龍馬と女性たち-乙女とお龍を中心に-
  • スペイン内戦とキリスト教
  • ハトシェプスト女王の王位継承とその治世
  • 愛知の花祭り-奥三河で鬼が舞う-
  • 大正期における労働争議の実態と左翼思想の影響-浜松・日本楽器争議を中心に-
  • 明治期における立憲体制の成立~伊藤博文を中心に~
  • 中世後期の宮廷文化の研究
  • 平安時代の貴族住宅の研究
  • 中世社会における陰陽師の活動について
  • 戦国期の茶の湯とその価値観
  • 行事と食文化の関係性-三重県を例にして-
  • 明智光秀と本能寺の変
メニュー表示
ページトップへ