資料請求

心身科学部
健康栄養学科

臨床に必要な知識とスキルを身につけ、「人」を理解し、支援できる管理栄養士へ。

「保健や福祉も含む医療系」の管理栄養士を養成している健康栄養学科。理論と実践の両面から学ぶ臨床現場を想定した演習を豊富に用意。患者さんの食生活を聞きとり、適切な助言をするためのコミュニケーション能力、自ら問題を改善しようとする力、意思決定できる判断力を養います。健康を維持・増進し健康寿命を延ばすには、栄養指導や食の支援が不可欠。医療系に加えて、食品開発、フードビジネス、学校給食などの現場で求められる知識・技術の修得をめざしています。管理栄養士の活躍がますます期待されています。
1fields

チーム医療で活躍できる
管理栄養士を育てる。

メタボリックシンドロームや糖尿病などの生活習慣病が増加している現代、医療や保健における管理栄養士の役割は大きく、その専門性を求めるフィールドも広がっています。医療系科目を重視した教育プログラムにより、チーム医療の現場で必要な栄養療法や栄養教育の専門スキルを養成。臨床や保健指導、食品開発、フードビジネスなどの最前線で活躍できる管理栄養士を育てます。

学びの特色

医学に基づく管理栄養士教育

医療系の学びを重視したプログラムで、チーム医療の一員として活躍できる管理栄養士を養成。医師資格を持つ教員による講義などを通して、臨床で役立つ栄養療法や栄養教育のスキルを磨きます。

多職種連携について学ぶ

質の高いケアを実現するためには、各専門職が協働する「多職種連携」が不可欠です。医師、歯科医師、言語聴覚士、看護師、臨床心理士などの教員から学び、多職種連携の有用性・必要性を理解します。

病院での栄養教育を体験

4年次の「健康管理総合演習」では、歯学部附属病院で実際の栄養教育を体験します。約半年間にわたって責任を持って個別指導を行うことで、栄養ケアマネジメントに関する実践的なスキルを養います。

希望者はアメリカで研修に参加

国際的な視野を持った管理栄養士を養成するために、希望者を対象とした海外研修を実施。カリフォルニア大学デービス校で現地の管理栄養士(Registered Dietitian)や英語教師の指導を受けます。

4年間の学びのステップ

「栄養」「食」「健康」に関する
基礎知識を身につける。

自然科学、人文科学、社会科学を幅広く学び、専門科目を理解するための基礎知識・技術を修得。食と健康を取り巻く実社会の課題への関心・興味を高めます。

実験・実習を通して、
食品や人体・栄養を理解。

実験・実習などのグループ学修や海外研修を通して、食品や人体・栄養に関する専門知識・技術を深めるだけでなく、コミュニケーション能力も養います。

管理栄養士になるための
専門的なスキルを修得。

適切な食習慣・栄養食事療法を具体的に提示できる専門知識・技術を修得。また、学外実習での管理栄養士の実務経験を通し、将来の目標を明確にします。

国家試験対策に励むとともに
卒業研究で4年間を総まとめ。

学修の総仕上げとして卒業研究に取り組み、実験や調査計画の立案、データ解析、考察、プレゼンテーションなどを通して論理的に考え、実践する力を養います。

アイガクにマナベ!

心身科学部 健康栄養学科
丸山 和佳子 教授
全ての動画を見る

ライブレポート

グローバル・プログラム管理栄養士海外研修

栄養学の先進国・アメリカで管理栄養士のあり方を学ぶ。

栄養士発祥の地であり、世界の栄養士界をリードするアメリカを舞台に、希望者を対象とした研修を毎年実施しています。カリフォルニア大学デービス校で18日間、登録栄養士(Registered Dietitian)※の教員の講義を受け、アメリカの栄養士・管理栄養士制度、人種に配慮した栄養指導や食事療法など、日本とは異なる視点から健康と栄養、食文化の多様性について学びます。さらに、病院や老人福祉施設、スーパーマーケットなどを見学しながら、管理栄養士の新たな役割を考察します。この海外研修は学生たちにとって、国際的な視野を持つ管理栄養士へと歩みを進める機会となっています。 ※登録栄養士:医療、保健、福祉、教育など幅広い分野で活躍する食・栄養のスペシャリスト。アメリカでは社会的地位や人々の認知が高い職業のひとつ。

官学連携講座「子ども大学にっしん 料理教室」

日進市と連携して、子どもたちに「健康的な食」を伝える。

栄養教諭をめざす学生やサークル・Health&Foodに所属する学生たちが、日進市生涯学習課と連携し、小学生向け講座「子ども大学にっしん 料理教室」を年2回開催しています。2016年度の講義内容は「朝食に野菜を食べよう~朝食パワーを大きくする料理の組み合わせを考えよう~」「おさかな博士になろう」。正しい食習慣や健康づくりに役立つ食材について、子どもたちが楽しく勉強できるようクイズ形式で解説しました。また、グループに分かれて調理実習を行い、栄養バランスのとれた料理のつくり方をレクチャー。学生たちは、調理科学、食品学などを実践的に学び、健康的な食事への理解を深めています。
  • 教員と学生たちがオリジナル健康レシピを考案
  • 調理方法をわかりやすく説明する学生たち
  • 食材クイズに子どもたちは興味津々
  • 料理の楽しさ、食の大切さを伝えている

卒業論文テーマ一覧

  • 若い女性の食事内容と健康意識について
  • 抗酸化が期待できる食事計画について
  • フェルラ酸のマウス由来脂肪細胞機能への作用機構
  • クルクミノイドの脂肪細胞・肝細胞機能保護作用の検討
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯による冷え症への効果
  • 各種食品因子のもつ抗酸化、抗炎症、免疫賦活活性について
  • 野菜摂取に関する消費者の購買行動の検討
  • 抗酸化ポリフェノールのもつ脳内酸化変性に対する抑制機能について
  • 生活習慣病ハイリスク者の共食に関連する食生活要因
  • 生活習慣病ハイリスク者の炭水化物摂取からみた食事状況
  • 月経周期が米飯摂取後の食後血糖に及ぼす影響
  • 食形態が食後血糖に及ぼす影響-個体・ゼリー・液体の3形態の検討-
  • 食物繊維の米飯摂取後の血糖上昇抑制効果-食べる順番の検討
  • 酸化ストレスによる神経細胞死のメカニズムの解明
  • ヒトサンプルを用いた炎症マーカー測定法の開発
  • 大学生における食育とレジリエンスに関する研究
  • 高齢者の衣服重量の季節変動と真の体重評価に関する研究
  • カテキン類の抗酸化・抗炎症作用脂肪細胞を用いたコウキ茶フラボノイドによる生活習慣病予防の検討
  • 乳がん細胞評価系におけるエクオール類縁体の効果
  • 乳がん細胞評価系におけるイソチオシアネート・クルクミン類縁体の効果
  • 脂質過酸化物の生成機構
  • カカオポリフェノールによる神経細胞変性に対する抑制効果
  • 酸化ストレスによる神経細胞変性に対するカシスアントシアニンの予防効果
  • マウス由来脂肪細胞を用いたカカオポリフェノールの機能性発現の検討
  • 大学生における飲酒と食事に関する調査
  • 川きゅう茶調散服用による頭痛への効果
  • 食用花の普及度に関する検討及び食用菊利用の提案
  • A市における新しい介護予防プログラムの取り組みに対しての検討
  • 21世紀における死因別寿命変化への寄与年数からみた地域特性
  • マウス胚におけるエンビジンタンパク質の発現と翻訳後修飾に関する研究
  • 月経周期が及ぼす血糖変動について
  • 切干大根の米飯摂取後の血糖上昇抑制効果
  • 小学生の課外スポーツ活動と栄養課題に関するケーススタディ
  • 園児の食育行動目標としての箸使いと家庭環境要因との関連
  • 共食に影響を及ぼす生活習慣要因の検討
  • シナモン成分の持つ抗酸化機能性について
  • 複合系における抗酸化性の変化-特にフラボノイド・ラクトフェリンを中心に-
  • 新規カシス食品素材の持つ脂質代謝異常の予防機能
  • ボイセンベリー成分の持つ抗酸化機能性について
  • 健康栄養学科の学生の健康に対する実態と意識に関する調査
  • DNAチップを用いた機能性評価(新規カシス食品素材)
  • ウェスタンブロット法によるマウス胎児期のエンビジンタンパク質の発現解析
  • セサミンの脳神経系の保護活性についての研究
  • 脳神経細胞における大豆イソフラボンの保護活性についての研究
  • 糖尿病透析予防指導管理料における実態調査
  • 喫煙における塩味の影響
  • 5歳園児の食育に関する保護者の知識・意識の影響
  • 肥満児の発育状況と生活習慣との関連
  • 牛乳摂取における食後血糖上昇抑制効果の検討
  • カロリーオフ及び飢餓時における脳由来神経栄養因子の発現変化について
  • 胎生期の母体栄養状態が及ぼす出生後の仔の成長への影響
  • 食料自給率向上と高齢者の食に対応するスープジャーの活用
  • 食料自給率の向上と「ごはん食」のすすめへの取り組みに関する検討
  • 大学生の生活習慣と授業中の居眠りの関連について
メニュー表示
ページトップへ