文学部
グローバル英語学科

仕事に直結する英語力を磨き、ホスピタリティを発揮できる人材に。

グローバル化が進む世界では、グローバル社会で活躍できる高度な英語運用能力と異文化理解力、ホスピタリティ・マインドを備えた人材が求められています。この社会的ニーズに応える学びを行っているのがグローバル英語学科。1・2年次では、週6コマの英語授業で語学力を、英語を用いた講義で異文化理解力を養成します。また、1年次から2年次にかけて英語を生かせる職業分野の基礎的な知識を修得し、3年次から4年次にかけて、自らが選んだ職業分野の専門知識と現場で実際に必要とされる英語の表現を身につけ、グローバル社会で活躍できる人材を育てます。

めざす進路に直結した
2つのコースと4つの履修モデル

*3年次から2つのコースに分かれます。観光コースは上限30名程度の人数制限があります。
2021年度からカリキュラムを一新し、「 観光・航空 」「 国際ビジネス」「 通訳・翻訳 」「 英語教員資格 」の4業界に結びつく教育がさらに充実しました。各業界の実務経験を有する教員から専門的な知識と技能、実用的な英語を学びます。目的に応じた学修で、めざす進路へ着実に近づきます。

4つのモデルを支える英語力・異文化理解力養成
ネイティブ教員によるEnglish Onlyの講義を含む英語技能科目や異文化理解の授業を週10時間以上実施。「読む・聞く・話す・書く」の4技能を徹底して伸ばし、グローバル社会で通用する英語コミュニケーション能力を養います。
  • 観光 コースNEW

    観光・航空モデル

    観光業界での実務経験が豊富な教員が、企業と連携したプロジェクト型学修を展開。語学力、異文化理解力、ホスピタリティ・マインドを培い、実務に必要な検定・資格試験対策の指導も行います。

  • 英語キャリアコースNEW

    国際ビジネスモデル

    社会のグローバル化に対応し、ビジネスに直結した英語を身につけるとともに、英語で論理的に説得できる情報発信力の養成を重視。さらに国際情勢や国際関係、経済・金融なども学びます。

  • 英語キャリアコースNEW

    通訳・翻訳モデル

    学内にある同時通訳ブースを活用した通訳体験、絵本・童話の翻訳、映画の字幕翻訳、旅行パンフレットの作成など、現場に即したプログラムを実施。英語力や通訳・翻訳の力を伸ばします。

  • 英語キャリアコースNEW

    英語教員資格モデル

    中学校・高等学校の英語教員、小学生を対象とした英語指導者の養成が目標。英語教育に関する最新の理論・知識を身につけ、英語の模擬授業に挑戦します。現場に即した指導力や授業力を養います。

グローバル英語学科の強み

業界の第一線を知る、英語で生きてきたプロたちから学ぶその流儀。

外部講師がオムニバス形式で授業を行う「産官学連携講座」では、観光・まちづくりや旅行商品の企画手法を、プロから直接教わることができます。業界の第一線で活躍するプロたちの声は、将来を具体的にイメージすることや、不足したスキルに気が付き大学での学びにより積極的に取り組むきっかけにもなります。また、4つの専門分野の担当教員はすべて実社会で活躍した経験を持つ実務家教員です。座学に留まらない、実体験に基づく学びを可能にしています。

トピックス

  • 自分に合った英語学修で、TOEICスコアもアップ。

    学び習熟度別のクラス編成

    英語の習熟度に応じた少人数制のクラス分けで、一人ひとりを的確に指導。年2回のTOEICの結果をクラス編成に反映することで、自分に合った英語学修を継続できます。基礎的なコミュニケーションからニュースや映画を活用した学修まで、向学心を高める幅広い指導方法で着実にスキルアップ。その成果として、TOEICスコアが900点台に達した学生もいます。

  • 全員参加の海外語学研修で異文化体験。

    留学Study Abroad

    必修科目「Study Abroad」では、2年次の夏休みにオーストラリア・パースでの海外語学研修を実施。ホームステイをしながら西オーストラリア大学附属の語学学校で英語の集中訓練を受けます。現地の文化にふれて異文化理解を深め、実践的な英語力を修得。約3週間にわたって英語漬けの毎日を過ごすなかで、生の英語コミュニケーションを体験します。

    VOICE観光旅行では味わえないリアルな海外生活を体験。

    石川 奈奈 2021年3月卒業
    名古屋市立名東高校出身

    海外で1カ月も過ごすのは初めて。ホームステイ先のファミリーが優しく、安心して生活できました。現地の学校での出来事を「今日はどうだった?」と毎日聞いてくれて、自然と英語を話す習慣が!この習慣が、英語力向上に大いに役立ったと実感しています。

  • 航空の現場で学ぶ「ホスピタリティ・マインド」。

    産官学連携空港内を見学する体験型授業

    航空業界をめざす学生に向け、産官学連携プログラムを実施。2019年度はドリームスカイ名古屋(中部国際空港)での体験型授業を行いました。カウンターや搭乗ゲートでの業務など、グランド・スタッフが働く様子を見学。空港の役割や現状への理解を深め、「もてなし型サービス」の実践的知識を修得しながらホスピタリティ・マインドを高めました。

  • 「観光」でまちに活気を呼ぶ。

    地域連携日進市の産官学連携講座

    日進市や日進観光まちづくり協会と連携した、観光ホスピタリティ講座。観光業界を志望する学生や日進市在住の方々が受講し、観光資源や観光政策について考察します。2019年度は元・愛知県観光協会事務局長 川井政輝氏を招き、講演を実施。学びを応用し、学生たちはまちづくりのアイデアを日進市に提案。地域の観光プロモーションに貢献しています。

4年間の学びのステップ

「聴く・話す・読む・書く」の徹底修得と、
異文化理解力を高める。

週10時間以上の英語科目を開講。学生個々の語学力に応じた指導で、TOEICのスコアアップを図ります。外国人教員による講義で、異文化理解力も身につけます。

英語による
コミュニケーションを強化。

実践的な英語力をさらに磨くとともに、4つのモデルから選択した英語を使う職業分野の入門・基礎を学び、将来の職業選択の礎を築きます。夏休みには全員が海外研修に参加します。

ESP(目的・職業別英語)と
専門能力を身につける。

「国際ビジネス」「観光・航空」「通訳・翻訳」「英語教員」の現場で使われる表現や専門用語に特化した英語を集中的に学びながら、各分野の専門的な知識とスキルを修得します。

国際的な視野で考える力、
問題解決力を高める。

卒業論文の作成に取り組み、多角的かつ論理的に思考し、問題解決へ導く発見・提案を行う力、考察力、文章力、プレゼンテーション能力などを身につけます。

アイガクにマナベ!

文学部 グローバル英語学科
松岡 昌幸 教授
文学部 グローバル英語学科
Gregory Lewis Rohe 准教授
全ての動画を見る

卒業論文テーマの一例

  • 異文化理解
  • A Comparison of Communicative Styles in Japan and the U.S.
  • This is America: African-American History Through Music
  • Discrimination against Black People in Lifeand the Movies
  • Disney Princesses and Discrimination in the US
  • A Comparison of American and British Rock Throughout History
  • 観光・航空モデル
  • 米国ハワイの観光地特性に関する一考察―日本人観光客に愛される理由―
  • 新型コロナウイルスにおける観光の影響と展望に関する一考察
  • 岐阜県下呂市の観光地特性に関する研究―観光旅行客を増やすためにはどのような観光政策が有効か―
  • スカンジナビア航空の特徴に関する一考察―他の航空会社との比較を通して―
  • 知床の世界自然遺産の特徴および課題に関する研究
  • 国際ビジネスモデル
  • 2020年東京オリンピックの経済効果
  • 貿易と日本経済グローバル化の現状と課題
  • キャッシュレス化の現状と課題
  • Instagramの経済効果
  • 仮想通貨と今後のお金のあり方
  • 通訳・翻訳モデル
  • 映画字幕における省略と書き加え―『メン・イン・ブラック3』を題材として―
  • 翻訳を通してみる女ことば―吹き替えと字幕が与える女らしさの違い―
  • 『星の王子さま』の翻訳方略
  • 映画『トイ・ストーリー 3』における日英語比較
  • 海外映画の邦題に見るネーミングの構想―原題と邦題の違いに焦点を当てて―
  • 英語教員資格モデル
  • 子どもへの英語絵本の読み聞かせについての研究
  • 中高英語教育におけるスピーキング指導
  • 英語学習におけるディベートの有効性についての研究
  • 日本の英語教育における発音指導の現状と練習方法についての研究
  • イマ―ジョン方式による子どもの英語教育―日本と海外の事例研究―
ページトップへ